冷え込んだ14日、は北風が吹きアラレが舞い散る日でしたが、天候を気にしない3名が集まり、四日市線県道に近い植林地に侵入するモウソウダケとクズの駆除に取り組みました。
 写真の丸めたクズツルは古いランナーから、さらに新たなランナーが林の中四方八方に地上に伸びた一族郎党をひとまとめにしたものです。
 モウソウダケとクズは県道の法面に繁殖して、さらに植林地に侵入する極めて始末の悪い存在になっています。
P1150003

P1140091

P1140094

P1140095

P1140097