気温の下がった3月9日は、数名で植林地に隣接するクズとタケの駆除に努めました。

クズは太く一本の木の幹に食い込み、それでも生きて巻き上がっていました。植林地のタケも以前からすると数倍になり強い生命力を見せています。